これぞ男!円熟味が増した大人のオシャレ

40代というと初老と形容される年齢です。
しかし、果たして40代男性を年老いていると形容するのは相応しいだろうか?
確かに日々老いていくという点では、紛れもなく年齢の40という数の分だけ老いている。
けれど自分の見せ方を知ることが出来たなら、老いているという形容が不適切となるだろう。

オシャレな40代男性となるには、まず第一に清潔感である。
これはどの年代にも言える事だが、年を重ねている分、意識して清潔感を保つ必要がある。
加齢臭はしていないだろうか?
また、髭や髪は伸ばしっぱなしになっていないだろうか?
きちんと爪は切り揃えているか?
基本的な身だしなみをしっかり整えることで、清潔感が保てる。

白髪もただ真っ黒に染めれば良いってものではない。
さり気なく清潔感が感じられるように自然に染めることが大事
>>白髪を染めたい男性はこのサイトをチェック

それが出来てからが本番。
まず若作りは禁物だ。
無理に若作りをしても痛々しいだけです、ダサいだけです。
年齢に合った装いをすること。
それが逆に年齢を生かした、円熟味が増した40代の大人の男性にしか出来ないオシャレになる。

春・秋の過ごしやすい季節であれば襟つきのカラーシャツ何かは素敵
パリッとアイロンが掛かったシャツにラフなスラックス風のボトムス
ボトムスは勿論タックが着いていないもの
ここでタック付きを選んでしまうと、どうしてもオジサン感が出てしまう。
また、ジャケットにVネックのインナーを合わせた装いも素敵な男性を演出出来るだろう
堅くなりすぎないけれど、きちんと見える装いが大人の男性を引き立てるだろう。

また暑い夏なんかは爽やかな色のポロシャツにジーンズで涼しげに
最近ではハーフパンツが流行っているようだが、足にも年齢出やすい事を考えると控えた方がいいだろう。

冬はやはりニットにコート
ここでもやはりVネックを選択するのがいい。
更にニットは一歩間違えてしまうと、オジサンどころかおじいさんのようになってしまう。
そうならない為にも色が重要になってくる。
ニットの定番であるブラウンやグレーは一気に老け込んで見えてしまう。
なので40代であればブラックやホワイトがいいだろう
ブラックで引き締まった印象を持たせるも良し
ホワイトで柔らかい印象を持たせるも良し
その他、定番カラー以外のチョイスも有りだが、それらを選択する上では自分に似合うかが大事になってくる。

若くしては出来ないオシャレを楽しんで、内面・見た目ともにオシャレな40代男性に。